読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村尾政樹のブログ『伝える。』

ソーシャルセクターに勤める26歳の個人ブログ。仕事や活動の記録がメインです。

2016年の活動と自己紹介

f:id:villagetail:20161025185609j:plain

 2016年も深いご理解と温かいご支援・ご協力を賜り、本当にありがとうございました。今年も引き続き何卒よろしくお願いいたします。

 2016年は登壇や掲載などの機会が40回ありました。2015年までの機会も含めて100回以上の機会をいただき、心から御礼申し上げます。2017年は原点である母の死から15年が経過します。今まで支えていただいた人への感謝の想いを常に持ち、皆様のお役に立てられるよう今年も取り組みを進めてまいります。

▼2016年の主な活動記録

<2016年1月>

子どもと若者の成長を支えるウェブマガジン・ひみつ基地に記事が掲載

朝日新聞に共同研究調査結果に関する記事が掲載

毎日新聞に共同研究調査結果に関する記事が掲載

北海道石狩市で市役所職員や市議会議員に講演

<2016年2月>

朝日新聞『私の視点』に寄稿「子どもの貧困 行政の対策、鈍らせないで」

<2016年3月>

全国社会福祉協議会発行「月刊福祉4月号」にレポートが掲載

岡山県総社市総社市長と意見交換

北海道札幌市で「あすのば交流会・意見交換会」登壇

日本自殺総合対策学会フォーラム2016で登壇

<2016年4月>

事務局長を務める財団法人が内閣府から公益認定

厚木ロータリークラブの例会で講演「卓話 子どもの貧困」

『さっぽろ子ども・若者白書2016』に寄稿

<2016年5月>

琉球新報に記事が掲載「若者が動く!沖縄から 貧困解消へキャラバン」

<2016年6月>

札幌市子ども・子育て会議臨時委員に就任、児童福祉部会に出席

公益財団法人あすのば1周年のつどいで登壇

社会福祉法人武蔵野会のセミナーにシンポジストとして登壇

<2016年7月>

沖縄タイムスに記事が掲載「貧困解決へ意見交換」

沖縄タイフーンエフエムで出演

沖縄県で「子どもの貧困対策 全国キャラバン」開催、登壇

沖縄タイムスに全国キャラバンの様子が掲載

琉球新報に全国キャラバンの様子が掲載

毎日新聞『ストーリー』面に特集記事が掲載

<2016年8月>

厚生労働省で共同研究調査結果の記者会見

毎日新聞に共同研究調査結果の記事が掲載

Yahoo!ニュースで特集記事が掲載

<2016年9月>

札幌市子ども・子育て会議児童福祉部会に出席

東京都港区主催講演会・シンポジウムに登壇

毎日新聞に記事が掲載「つなぐ18/逃げ場所をたくさん見つけよう」

若者自殺対策全国ネットワークフォーラムに登壇

ウェブメディアwithnewsに記事が掲載

<2016年10月>

長崎県大村市でワークショップの講師をつとめる

高知県で「子どもの貧困対策 全国キャラバン」開催、登壇

岡山県で講座・ワークショップの講師をつとめる

山陽新聞に講座・ワークショップの記事が掲載

ハフィントンポストに共同研究調査結果の記事が掲載

週刊女性『人間ドキュメント』に特集記事が掲載

山陽新聞のコラムで講演の内容について紹介

<2016年11月>

NHK教育テレビ『ハートネットTV』の密着取材がスタート

<2016年12月>

第2回あすのば全国集会でコーディネーターとして登壇

神奈川県のケースワーカー研修会で講師をつとめる

栃木県で「子どもの貧困対策 全国キャラバン」開催、登壇

東京都福生市の公民館の講座で講師をつとめる

f:id:villagetail:20161227135501j:plain

 村尾政樹(むらお まさき)

子どもの貧困対策を推進する『公益財団法人あすのば』事務局長。兵庫県神戸市生まれ、26歳。

小学6年の春に母が自殺で亡くなる。家庭環境から就職を考えて商業高校へ進学するが、同じ境遇の仲間との出会いをきっかけに進学を志す。北海道大学教育学部へ進学後、困難状況にある子どもや若者の主体形成について研究。2010年、北海道の自殺対策や子どもの貧困対策を推進するネットワークを立ち上げる。

大学卒業後は、札幌市で地域の子どもを支える公益法人に就職するが、進まない子どもの貧困対策への危機感から2015年に上京。全国で先駆的な取り組みを行う支援者や研究者、学生たちと財団法人を設立し、事務局長に就任。子どもや若者の「生きる」が肯定される社会を目指し、全国で活動を展開。体験談や子どもの声を伝える講演・新聞掲載の機会は100回を超え、多くの人に想いを届ける。

札幌市子ども・子育て会議臨時委員。トルコ留学時に出演した映画が第67回カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞。

伝える。/5 今年度もよろしくお願いいたします

f:id:villagetail:20170409181510j:image

新年度が始まって約1週間が経ちました。

皆さまの深いご理解と温かいご支援・ご協力のおかげさまで、仲間たちと立ち上げた財団も準備会含めて2年が経過し、2017年度は3年目の年です。心からの御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

財団が目指す社会は『子どもの貧困がなくなる社会』。そのために、子どもの貧困の要因となる社会課題を一つひとつ解決するだけでなく、子どもや若者たちと一緒に活動しながら新しい明日をつくることへの飽くなき挑戦があり、2年目は模索しながら葛藤も多くありました。

課題解決の先にある社会は、夢や志にあふれる子どもや若者の姿だけでなく子どもや若者、そして子どもを支える親や地域が安心して明日を迎えられるものであってほしいと切に願っています。

f:id:villagetail:20170409192425j:image

そのためには世界の動きも無視できません。イギリスのEU離脱アメリカ大統領選挙などによって先行きの見えない不安や不満がエネルギーとなった渦がさらに大きくなり、シリアへの攻撃やストックホルムでのテロも1年間トルコで過ごした身として他人事ではありません。

また、子どもの貧困対策法を制定する運動が繰り広げられたときにモデルとしていたイギリスの子どもの貧困対策法は実質的に廃止されました。日本においても国の大綱見直しに向けた新たな指標が議論され始めています。財団として何をやるべきで何ができるのか、そして、私個人としてはどうなのか、真剣に考えています。

f:id:villagetail:20170409193402j:image

大学生のときには「どこに光を当てても必ず影となる部分があって、その影となる部分にいる困っている人のために声をあげたい」と話していました。しかし、子どもたちと活動をともにする中で彼ら一人ひとりが温かい光を持っていて、その光が周りの環境によって消えかけてしまっていることに気がつきました。

彼らは社会における支援の対象ではなく、社会の主体であり希望の光であり新しい明日をつくるカウンターパートナーです。そして、それは今を生きる私たち一人ひとりも同じです。

そのような想いを抱きながら、2017年度も微力ながらコツコツ活動に取り組んでまいります。皆さまにも力を借りながら引き続き一緒に歩みを進めることができれば幸いです。今年度もよろしくお願いいたします。 

2017年4月    村尾政樹

内閣府主催のフォーラム当日の資料・様子

f:id:villagetail:20170406132035j:plain

 2017年3月12日(日)に北海道札幌市で開催された内閣府主催「子供の貧困対策マッチングフォーラム」当日の資料や様子が報告されていたのでご案内いたします。私が登壇した際の資料もアップされています。ご覧ください。

子供の貧困対策 マッチング・フォーラム(札幌開催) - 内閣府