村尾政樹のブログ『変化と感謝』

ソーシャルセクターに勤める27歳の個人ブログ。こちらは仕事や活動の記録がメインです。

【参加者募集中】6月23日(土)午後から札幌でトークイベント

f:id:villagetail:20180608105827p:plain

ご無沙汰してしまっており、申し訳ありません。6月23日(土)13時30分から北海道札幌市でトークイベントがあります。北海道にお住まいの皆さま、是非ご参加ください。参加のお申し込みは以下のリンク先からできます。

 

▼お申し込みは以下のリンク先からお願いします▼

docs.google.com

 

<開催趣旨>
2018年6月、「子どもの貧困対策法」の成立から5年が経過します。4月には札幌市の子どもの貧困対策計画が策定され、道の対策計画は見直し時期が近づいてきました。そして、この5年間、子ども食堂や学習支援など民間の取り組みも広がりました。
一方、いろんな理由で何だか「もやもや」した気持ちを持っている人もいるのではないでしょうか。今のタイミングで、この課題に向き合う皆さんと腹を割って話し合う「ぶっちゃける場」が必要だと私たちは感じています。

そこで、このイベントは、参加者の皆さんと一緒に腹を割って課題解決へ向けた次の一歩について話し合うきっかけをつくることで、さらなる対策の推進に寄与することを目的に開催します。

 

<開催日時>
 2018年6月23日(土)13時30分~15時30分

 

<開催場所>
 札幌市生涯学習総合センター ちえりあ 大研修室
 (〒063-0051 北海道札幌市西区宮の沢1条1−1−10)

 

<対象・定員>
 子どもや貧困に関する実践や研究に携わる人、子どもの貧困に関心のある人
 40人程度(先着順)

 

<参加費>
 無料

 

<主 催>
 Youth+ぶっちゃけトーーク!実行委員会
 (ぶっちゃけトーーク!実行委員会・Youth+宮の沢 共催)

 

<協 力>
 公益財団法人あすのば

 

<内 容>
▼趣旨説明、これまでの対策推進と活動展開について
 -学生世代の若者および呼びかけ人から活動報告および話題提供
 ・開会あいさつ、趣旨説明
 ・法成立5周年・あすのば設立3周年のつどい報告
 ・これまでの対策推進と活動展開について

▼ぶっちゃけグループトーク
 -ブレスト形式でこれまでの課題やこれからの対策に必要なことなどを出し合う。
  呼びかけ人含め6人~7人×5グループ編成を想定。
 ・自己紹介
 ・これまでの対策の課題
 ・これからの対策に必要なこと

▼ぶっちゃけ全体トーク、まとめ
 -呼びかけ人によるグループトークを受けたクロストーク
  参加者による呼びかけ人への質疑応答。
 ・呼びかけ人によるクロストーク
 ・まとめ、閉会あいさつ

 

<呼びかけ人(敬称略、五十音順)>

二本松一将(子ども食堂実践研究者)/深掘麻菜香(あすのば子どもサポーター)/松田 考(札幌市若者支援総合センター Youth+センター 館長)/村井琢哉(山科醍醐こどものひろば理事長、あすのば副代表理事)/村尾政樹(札幌市子ども・子育て会議臨時委員、あすのば事務局長)